​よくあるお問合せ

Q.社会保険労務士ってなにをする人ですか?

​  

A.

社会保険労務士とは、社会保険労務士法に基づき、労働・社会保険と人事労務管理を専門に取り扱う国家資格者です。
労働・社会保険諸法令に基づいて行政機関等に提出する書類を作成もいたしますが、採用アドバイス・人事制度や賃金制度の構築、就業規則・賃金規程などに関する相談、作成や社員教育などのコンサルタント的な仕事もしています。企業経営の3要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、ヒトに関する専門家です。

Q.税理士と社会保険労務士は違うのですか?

A.

税理士は、税理士法において「税務に関する専門家として独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、 税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とする」と規定されています。
一方、社会保険労務士は、人に関する専門家です。会社の実情や従業員について

労働条件の改善に関する提案やコンサルティングを行います。

従業員の悩みや課題は個人情報にもなるため、むやみに人に相談しにくいもの。

そんなときに、ぜひ社労士へお話しください。守秘義務がありますので社労士が他に情報を漏らすことはありません。

Q.すでに顧問社労士がいますが、相談にのってもよいですか?

A.

もちろん大丈夫です。
弁護士も得意分野があるように、社労士もそれぞれ得意分野がありますし、見解も社労士によって違う場合もあります。お気軽にご相談ください。

Q.初回の面談時に相談料などはかかりますか?

A.

はじめての問合せについては相談費用はいただいておりません。

お気軽にお問合せください。

Q.手続きは社内で対応できています。相談業務だけを依頼できますか?

A.

もちろんです。行政機関(社会保険事務所・労働基準監督署・ハローワークなど)には

聞きにくいこともあるかと思います。

お気軽にご相談ください。

Q.相談するにはどうすればいいですか?

A.

①まずは、ご連絡をおねがいします。

②日程調整の上、御社をご訪問またはご来所いただきます。
③ご相談内容・ご要望に関するヒアリングをさせていただきます。
④お見積などをご提示いたします。
⑤お見積と提案内容をご検討いただきご連絡下さい。
⑥ご依頼の場合は、正式に契約書を作成させていただきます。

※初回相談(1時間程度)は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

なお、個人のご相談・書類の記入方法に関するお問合せはご遠慮ください。

Q.一度ご相談したら顧問契約しなければなりませんか?

A.

いいえ。

打ち合わせをして、必要ないとお感じになりましたら率直におっしゃってください。

​当方も、お断りさせていただくケースもございます。